www.losdreamers.org

バイクに乗るための免許を取る実技試験

バイクに乗るための免許を取る実技試験

バイクに乗るための二種免許獲得のための実技教習にはさまざまな項目があります。参考までにバイクの買取を比較してみてください。

 

 

「一本橋」(直線狭路コース)は全長15m、幅30cmのコースを脱輪および転倒せずに走行する試験で、半クラッチをうまく使うのがコツになります。
「スラローム」(進路転換コース)は等間隔に置かれたパイロンに触れたり倒したりしないように走行するものです。
「急制動」は時速40kmの状態でブレーキングポイントで規定の静止線に達するまでに停止するものです。
「波状路」は全長9.5m、幅70cmの間に突起が不等間隔で並んでいるコースをステップに立った状態で走行します。クラッチワークでバランスをとるのが大事です。
「坂道発進」はコース内の坂の途中でいったん停止し、再発進する課題です。少しずつアクセルを開けつつ、クラッチをゆっくり緩め、同時にリヤブレーキを徐々に離していきます。
「S字・クランク」は2つの直角コーナーを有するクランクと、S字を走行する課題です。


ホーム RSS購読 サイトマップ